縦型洗濯機とドラム式洗濯機の違いってなに?

昔は全ての洗濯物は手で現れていましたが、二層式洗濯機が普及しましたね。

二槽式洗濯機とは洗い~すすぎと脱水を別の槽で行う洗濯機です。

最近の家庭ではもうほとんど使われていません。

洗濯機を購入する時は、縦型洗濯機かドラム式洗濯機で悩むのではないでしょうか。

そこで、縦型洗濯機とドラム式洗濯機は何が違うのかご紹介します。

・縦型洗濯機

洗濯槽の底に付いている羽を回転させて渦巻状の水流を出し「もみ洗い」で洗浄してくれます。

たくさんの水で洗うので、洗浄力が高く泥汚れも落としてくれます。

出し入れ口がうえなので設置場所に困りません。

乾燥はドラム式より時間がかかり、衣類のいたみも少しあります。

価格は比較的安価です。

・ドラム式洗濯機

ドラムが回転することによって洗濯物を持ち上げ落下させて洗浄する「たたき洗い」が基本です。

使用する水の量は少ないため節水でき、洗剤がよく馴染むので皮脂汚れが良く落ちます。

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。